沖縄県初!動画求人サイト 「オキナビ」シゴト探し。~転職・新卒・パート・アルバイト~

  1. 動画求人サイト 「オキナビ」トップ >
  2. 記事一覧 >
  3. 沖縄にUターン転職者が集中する3つの理由・3つのメリット

沖縄にUターン転職者が集中する3つの理由・3つのメリット

沖縄のUターン転職の人気が高まっている3つの理由

Uターン転職とは、地方で生まれ育った方が学校を卒業後に都会へ出て働き、その後、故郷に戻って新たな職に就くことです。

東京や大阪などの都市部で生活することは、一見便利なように見えて生活コストが高くつきます。また、待機児童の問題なども表面化しつつあり、都市から地方へと転職を行う人も増加傾向にあるのです。

特に、沖縄へのUターン転職が話題を集めています。その理由として次の3つのポイントが挙げられます。

・40ヶ月連続して全国1位の景気の良さ
・沖縄県の有効求人倍率は1.23倍と高い
・IT企業を中心に沖縄への投資意欲が旺盛
このように沖縄の景気は好調です。沖縄へのUターン転職によって、単に住み慣れた土地で落ち着いて働けるメリットばかりではなく、景気の良さからくる給与アップ・待遇アップという恩恵も受けられるでしょう。

それぞれの要因を以下でお伝えしていますので、沖縄へのUターン転職をお考えの方は、ぜひご参考ください。

40ヶ月連続して全国1位の景気の良さ

沖縄の景気は堅調に推移しており、2017年6月に3年4ヶ月連続で景気DI指数が全国1位を記録しました。その後も景気伸長が続き、現在も記録を更新(64ヶ月連続)し続けています。

(参考:沖縄タイムスプラス、2017/6/11、沖縄の景気、40カ月全国1位 観光客と人口増加で消費好調 (参考:沖縄タイムスプラス、2019/1/17、沖縄の景気64カ月連続「拡大」 日銀那覇11月景況「海外の動向を注視して」

沖縄県の有効求人倍率は1.23倍と高い

沖縄県の2019年1月時点の有効求人倍率は1.23倍と高く、失業率は2018年で3.4%と、45年ぶりに過去最低を更新しました。
(参考:沖縄タイムスプラス、2019/2/3、45年ぶり過去最低を更新 沖縄の失業率、2018年3.4%

沖縄へのUターン転職を狙う方にとっては、追い風が吹いているといえるでしょう。

IT企業を中心に沖縄への投資意欲が旺盛

沖縄県へ進出する企業は、特にIT企業を中心に旺盛になりつつあります。2017年のデータでは、県内に立地したIT企業の数が427社と、前年比10.3%の増加を記録しました。
(参考:沖縄タイムスプラス、2017/7/14、IT企業の沖縄県内立地、2017年1月時点で427社 雇用も2万8000人に

沖縄県はその立地から、インバウンド需要の呼び水として、なおかつ海外進出のハブ地域として重要な役割を果たします。こうした沖縄への積極的な投資意欲が継続することで、転職者にとっての選択肢が豊富になっていくことでしょう。

沖縄でUターン転職する3つのメリット

沖縄でUターン転職を行う場合、次のような3つのメリットがあります。

・メリット(1):企業とともに成長していける仕事のやりがいを得られる
・メリット(2):都市圏で培った経験やノウハウが生かせる
・メリット(3):ゆとりのある生活スタイルが得られる
先ほどの企業の沖縄進出が意欲的になってきたことが示すように、まだまだ沖縄県は成長途上にある地域です。それだけに企業や地域とともに、自分自身の成長を実感していくことができます

また、首都圏で働くときとは異なり、通勤時のストレスや混雑によるイライラなどに悩まされる心配も少ないでしょう。特に、家族そろって落ち着いた場所で済みたいとお考えの際は、住み慣れた沖縄へのUターン転職をご検討してみてはいかがでしょうか。

沖縄の転職サイト「オキナビ」ならUターンにも対応!

「オキナビ」は沖縄県の求人情報に特化しており、すでに応募できる求人掲載数は570件を超えます。沖縄エリアに特化することで、全国求人誌では見かけないレアな案件も多いです。

企業や職種から探すことや、ご自身の住み慣れた地域から検索することもできますので、ぜひこの機会にご利用ください。

TOP